授乳中に栄養が不足するとどうなるか

授乳中に栄養が不足してしまうと赤ちゃんにあげる母乳に含まれる栄養も当然少なくなってしまいます。
まずあなたに栄養がいき、そしてあなたの摂った栄養が母乳になるわけですから、お母さんが栄養不足だと赤ちゃんも当然栄養不足になってしまいます
きちんと元気な子を育てたいと考えているママさんならそういった自体は避けなければなりませんね。

 

特に現代人は食生活が偏りがちな傾向にあります。
ご飯に簡単なおかず(冷凍食品や味の濃いお惣菜)などを組み合わせるだけでそれっぽく食事が取れるので、どうしても献立のバランス、栄養バランスなどは軽視されがちです。

 

そうすると授乳中に最も大切な栄養だと言われている、ビタミンやミネラル、鉄分やカルシウムなどが不足してしまうのです。
だからこそ厚生労働省などでも妊娠中や授乳中のプレママには、葉酸サプリなどのサプリメントを取ることを推奨しているんです。

 

足りない栄養素を補うためにも授乳中の栄養補給に向いているサプリメントを飲むようにして、栄養たっぷりな母乳で赤ちゃんまでしっかりと栄養を届けてあげましょう。
それが赤ちゃんをスクスク育て、病気をしない健康的な子供に育ってくれる第一歩となるのです。